未分類

通信制大学の選び方 6つのポイント

突然ですがどうして通信制大学を選ぼうとしていますか?

  人それぞれ考えや環境が違うのでそれぞれ理由も違うと思います。なので通信制大学選びも人それぞれ違うと思いますが、通信制大学に現在通っている私が通信制大学を選ぶうえでチェックしておいた方がいい点をいくつか紹介しようとおもいます。

疑問犬

そんなに違いがあるのかな?

こんな人に特におすすめ!

 ✔通信制大学を検討中 ✔通学制大学か通信制大学で迷っている ✔通信制大学に進学を決めている 

  上記のような人に特におすすめですが単純に興味がある人もぜひ読んでみてください。

はじめに

  これが一番重要なポイントですがどうして通信制大学に進学するのかということです。人それぞれ理由は違うと思いますが理由によって選ぶ大学が変わってきたり、そもそも通信制大学に進学することを辞めた方がいい場合もあり得るので真剣に考えてみてください。

学費

  通信制大学に進学を考えている人たちのなかには学費の理由で通信制にしようとしている人も多いと思うのですが通信制大学だからといって必ずしも通学制大学よりも安いということではありません。それは授業の取り方によって年間の学費にプラスで料金がかかる可能性があります。

<例えば> ✔スクーリング授業料が追加でかかる ✔映像授業料が追加でかかる ✔スクーリング場所が遠く交通費・宿泊費がかかる

 上記のようなことで年間学費に追加で費用がかかる場合があります。

追加でかかりそうな費用もチェックしておいた方がいいよ!

単位

  通信制大学ときいて卒業までに必要な単位が通学せずに全て習得できると考えていませんか?私の通っている大学では一部の単位はスクーリングで習得しなければなりません。そのため卒業までに全く大学に行かなくてもよいというわけではありません。もし可能な限り大学に通学したくない場合は卒業までに必要な単位をチェックしておいた方がいです。

  また単位をえるにあたりテストがある場合がありますが自分の住んでいる地域からテストを受けやすい試験地域があるかも確認しておいた方がいいです。

あまりに遠いと時間と費用がかかるよ

スクーリング

  卒業までにスクーリングでとらなくてはいけない単位がある場合スクーリングの種類の多い大学だと地方の人や社会人の方でも調整しやすいですが、スクーリングの種類・頻度・場所が自分と合わない場合費用・時間がとられる可能性があるので大学のホームページをみて自分の理想の大学生活と合うかどうかの検討してみることをおすすめします!

アイコン名を入力

大学によっては週末スクーリングや夏のお盆休みなど社会人の方々にも行きやすスクーリングや地方スクーリングがある場合や通学制大学のように通いたい人のための授業、夜間授業など大学によって様々なスクーリング体制があるよ!

レポート

  レポート課題は通学制大学だからといって避けられるものではありません。ただレポート課題も大学によって手書きの場合やパソコンの場合など様々で、1単位1レポートの大学もあれば2単位1レポートなど大学によってレポートの量が違う場合があるので、大学によって課題の量が変わってくるのでチェックしてみてもいいと思います。

働きながら大卒資格や教員免許を取得したいあなたにオススメの通信制大学!

就活

  通信制大学の場合生徒さんが社会人や定年退職後に勉強している人などもたくさんいます。そのため就職支援などをしていない大学もあります。就活をしない人はそれでもいいのですが就活を予定している方は就活のサポートがあるかどうか、またどのようなサポートを受けることが出来るのかを確かめておくことが必要です。

結構自力で就活をする必要がある場合あります!

大学ごとの特色

  私も通信制大学の中からどこにするのかでたくさんのサイトを見たりパンフレットを取り寄せてみたりとしたのですが大学によっては何かに特化している大学も多くありました。

<例えば> ・公務員を目指す大学 ・IT系専門の大学 ・教員を目指す大学 ・美術系の大学

  上記であげた以外にも様々な特色をもった大学があります。

自分のやりたい分野のある大学に通えるといいね!

最後に

  ここまでこの記事を読んでいただきありがとうございます!

  こんな事書くのは憚られるのですが上記で書いているようなことで自分に100%合う理想の大学を見つけるのはなかなか難しいです。しかし自分と全く合わず大変な大学生活にならないように参考にしてみてください。

  皆さんも大学生活を充実させましょう!

どんな人がいるの? 通信制大学現役通信制大学生が実際どんな人たちがいるのか紹介します。...

   

通信制大学って安いの?学費事情そんなに安くない場合があります。 この記事では現役通信制大学生である私の学費と共に通信制大学の学費事情について記事にしました。...